あなたの部屋から脱出 新たな部屋を購入

初心者の為の不動産投資

初心者の為の不動産投資

イールドギャップは誤解されやすいイールドギャップは誤解されやすい?! 正しい理解が必要な理由は不動産売買に必須の移転登記不動産売買に必須の移転登記とは?費用はいくらかかるの?売却したい土地に赤地が含まれていたら注意が必要売却したい土地に赤地が含まれていたら注意が必要後で後悔することになる違反建築物後で後悔することになる違反建築物

【これから不動産投資を始めたい人必見!初心者向けの不動産投資の始め方を解説します】

これから不動産投資を始めるためには、様々な知識を学ぶ必要性があります。不動産投資に関する知識がなければ、いきなり挑戦しても失敗する可能性が高いです。そこで今回は、これから初心者が不動産投資を始める時に必要なことをご説明しましょう。

これから不動産投資を始めようと思っているなら、是非とも参考にしてくださいね。

1、初心者の為の不動産投資の説明

・不動産投資の目的

初心者の為の不動産投資

不動産投資の目的は、何といっても家賃収入によって不労所得を得ることです。不動産投資の最大のメリットは毎月の家賃収入によって不労所得を得ることであり、全ての不動産投資者は不労所得を得るために日夜努力しています。

ただ、不労所得を得るために適当な物件を選べばいいというものではないので、事前に様々な知識を得る必要性があるでしょう。

・不動産投資にはどのような種類がある?

不動産投資と一言でいっても、様々な種類があります。その不動産投資の代表的な種類は、以下の通りになります。

一棟投資

区分投資

戸建て投資

それでは、以上の投資の種類について下記でご説明しましょう。

・それぞれの種類の詳しい説明

それぞれの不動産投資の種類には様々なメリットがありますが、デメリットもあるのでどの種類の投資を始めるのか吟味する必要性があります。人には向き不向きがあるように、投資方法によってやりやすさが違うので注意しましょう。

一棟投資

初心者の為の不動産投資

一棟投資とは、その名の通りマンションやアパート、商業ビルなどの建物一棟に投資する方法です。この一棟投資のメリットは、何といっても全ての投資の種類の中で最も効率良く家賃収入が稼げることです。

入居者がいるほどその分の家賃収入が得られるため、部屋数が多いほどまとまった家賃収入が得られるようになります。融資を受けて投資物件を購入すると融資を受けた分だけ返済しなければなりませんが、まとまった家賃収入が得られれば問題なく返済することができます。

ただし、一棟投資を行うためには建物を丸ごと購入しなければならず、総額で億単位の資金が必要になります。このことから初めて不動産投資を始める人にとって銀行から融資を受けづらいのもデメリットです。

さらに地震や火事などの災害によって被害を負った場合、損害が非常に大きくなることにも注意しなければなりません。

区分投資

初心者の為の不動産投資

区分投資とは、一部屋ごとに購入して家賃収入を得る方法です。この方法は一棟投資のようにまとまった家賃収入を得ることはできませんが、代わりに購入する部屋を増やすことで何らかのトラブルが起きた時に対応しやすいのがメリットです。

もしも購入した部屋が空室になったとしても、別に購入しておいた部屋分の家賃収入が得られるままなので大きな損害になりにくいでしょう。また、部屋を売却したいと思った時に、一棟投資よりもスムーズに売却できる可能性があります。

しかし、部屋が空室になってしまうとその分の家賃収入が得られなくなることに変わりはないのが大きなデメリットです。

戸建て投資

初心者の為の不動産投資

戸建て投資とは、一軒家を賃家として貸し出す方法です。戸建て投資はマイホームを建築して中古物件として販売するので、上手にできれば高利回りが期待できるのがメリットです。

しかし、賃家として貸し出すためにはリフォームする必要性があるので、リフォーム費用がかかるのがデメリットです。また、販売したとしてもすぐに買い手が見つかるわけではないため、空室期間が長くなって家賃収入が得られないこともあるでしょう。

2、日本国内だけの不動産投資だけでなく海外不動産投資も検討をする。

 

また、不動産の投資に関してマーケットは日本だけではありません。

不動産投資は世界中どの国でも行う事が出来るのです。

もちろん日本国内の不動産投資は法律に守られていて、安心が出来る側面があります。

不動産投資に対するリスクは確かに低いかもしれませんが、その分利回りも低いというのが実情です。

日本国内だけではなく海外不動産投資にも目を向けることにより多くの利回りを得る事が出来ます。

最近ではアジアの不動産投資がとても人気になってきました。

日本から飛行機で数時間で行けてしまうアジアの国の不動産はお手頃な感覚もあり、投資家に人気になっています。

特にタイのバンコクの不動産は人気の一つ。タイは親日国という事もあり、日本人が住みやすい環境が整っている事もその理由です。また物価も日本に比べて値段が安く、日本以下の生活費で日々を送る事も可能です。天候も年中夏な天候もあり非常に暮らし易く移住を検討する人も多数おります。

そんなタイの国へ不動産投資をする人が増えております。

不動産投資で利回りを多く獲得するにはやはり海外不動産を候補に入れる事が必須となります。

バンコクの不動産は利回りが良く、値段が300万円から購入出来るコンドミニアムが多数あります。バンコクの不動産事情をしらべるにはバンコクの不動産・賃貸アパートは〜スックリビング〜【仲介手数料無料】までアクセスをしてタイの不動産情報を調べましょう。

こちらのサイトではタイのバンコクの立地の説明や日本人へ向けた賃貸事情などの情報を多く掲載しております。

主に、日本人への駐在員へ向けた賃貸事業を行なっている為、我々投資家達がバンコクで不動産を購入した後に、賃貸へ出し入居者を募集する際にはとても助けになると思います。

3、初心者の為の不動産投資のやり方

・具体的にどのように不動産投資を始めればよいか?

初心者の為の不動産投資

具体的にどんな不動産投資を始めればいいのか分からない人もいるでしょう。今から不動産投資を始めるなら、まずはどんな種類の不動産投資を行うのか、そして不動産投資に関する知識を学ぶことが大切です。

不動産投資は非常に奥が深く、そして知識を学べば学ぶほど自分の身になるので勉強するに越したことはありません。むしろ不動産投資に関する知識を学んでおかないと、悪質な業者に騙されてしまう可能性もあるでしょう。

悪徳業者の上手い口車に乗せられてしまい、全く家賃収入が得られないような不動産を購入させられてしまう恐れがあるため、何が正しくてどんな注意点があるのかどうかを学ぶことが大切です。

また、不動産投資を始めるにあたって物件を紹介してもらう業者の良し悪しを見極めることも大切です。良い物件があるかどうかはさておき、担当者が自分に対して親身になって行動してくれたり、様々な質問にも丁寧で分かりやすく答えてくれる人が理想的です。

また、メリットばかりではなくデメリットについてもきちんと教えてくれる人は信用に値します。何故なら悪徳業者はデメリットがあることを決して説明せず、メリットばかりと誇張して話すのが特徴だからです。

親身になってメリットやデメリットなどを丁寧に教えてくれた上で、自分に合った物件を紹介してくれると効率良く不動産投資を始めることができるでしょう。

・具体的な始め方

初心者の為の不動産投資

もう少し具体的に説明すると、不動産投資の知識を学ぶためには、まず不動産投資の本を読むこと、不動産投資のセミナーに参加することなどが挙げられます。インターネットで知識を学ぶのもおすすめですが、情報が不確かなこともあるので本を読んだりセミナーに参加したりして知識を学ぶのがおすすめです。

不動産投資の本といっても様々な種類があるので、初心者向けの内容が載っている本を購入して読むのが得策です。また、セミナーも同様に初心者向けの内容から上級者向けのものまで多くの種類があるため、最初は初心者向けのセミナーに参加しましょう。

本を読んだりセミナーに参加したりして知識が身に付いてきたと感じてきたら、中級者向け、上級者向けと徐々に範囲を広げていくと効率良く知識を学ぶことが可能です。次に、不動産投資を始める上で目標地点を決めておくのも良いでしょう。

やみくもに不動産投資を始めたとしても、目標がないのでどこまで稼ぎ出すのか、何年続けていくのかといったことを決めていないといざという時に行動できません。ここでは、融資を受けることを含めて、どのくらいの不労所得を得るのか大体の金額を決めましょう。

そうすれば目標を達成するために何をすればいいのかが明確になりやすく、そのために必要な費用の計算もやりやすくなります。

4、初心者の為の不動産投資に向いている人のタイプ

初心者の為の不動産投資

・どのような職種の人が不動産投資に向いている?

初心者の為の不動産投資

実際にどのような職種の人が不動産投資に向いているのかというと、実は会社員や公務員が向いていると言えます。何故なら、会社員や公務員は定年退職後の生活を気にしている人が多く、金融機関から融資を受けやすいからです。

不動産投資を始める上で管理会社に投資物件の管理を任せることができるので、自分は本業をやりつつ不動産投資の家賃収入を得ることができます。早くから不動産投資を始めることで、定年退職後の年金代わりになる資金を稼ぎ出すシステムが確立されていれば、将来も安泰だと言えるでしょう。

・サラリーマンでも不動産投資は出来るの?

初心者の為の不動産投資

結論から言えば、サラリーマンでも不動産投資を始めることは十分に可能です。不動産投資にばかり時間を割いていると本業を疎かにしてしまう恐れがあるので注意しなければなりませんが、自分の代わりに投資物件を管理してくれるサブリースなどを利用することで家賃収入が稼ぎやすくなります。

元々安定した収入が既にあるという点は非常にメリットが大きく、サラリーマンだからこそ不動産投資を始めやすいのが大きなポイントです。また、サラリーマンは本業で身に付いたスキルを不動産投資に活かすことができます。

特に営業職やマーケティング職の人は物件を厳選したり、物件を購入するのはどこのエリアがベストなのかリサーチ力や分析力に長けています。サラリーマンとしての実力が不動産投資に活かせると言えるでしょう。

・サラリーマンが初めて不動産投資をする際に気をつける事

初心者の為の不動産投資

サラリーマンが初めて不動産投資を行う時は、まず欲張らないように気を付けることです。あくまで副業として不動産投資を始めるのであって、本業を疎かにしてしまうようでは意味がありません。

不動産投資のプロではないので、いかに無理をすることなく不動産投資が長期的に続けられるかどうかがサラリーマンにとって重要です。また、不動産投資を始める場合は確定申告を自分で行わなければならず、510戸以上の不動産投資を行っていると副業規定に違反してしまいます。

サラリーマンが不動産投資を始める時は、事業規模として認められないように510戸以下に留めましょう。

・投資の際にお金は借りれるの?

初心者の為の不動産投資

サラリーマンが不動産投資を始める時に心配になるのが、金融機関から融資が受けられるかどうかです。しかし、実はサラリーマンの方が融資を受けやすいというメリットがあります。

金融機関によって融資が受けられる条件は微妙に違いますが、基本的に安定した収入が継続的に得られる状態にあると融資を受けやすいとされています。つまり、サラリーマンは本業による安定した収入があるので、融資を受けて不動産投資を有利に進めることができるのです。

5、家を買うという選択

初心者の為の不動産投資

賃貸のマンションや賃貸のアパートに暮らしている人も多いですが、賃貸住宅を借りて住み続けていく場合においては非常にコストがかかってきます。

たくさんお金を払い続けても自分の不動産にはならないものにお金を費やし続けるよりも、思い切って購入を決意した方が得ですし、自分の資産を保有することが出来るので安心です。

将来的に家を自分の配偶者や子供へ残しておくことも出来ますし、不動産を購入するにあたっては毎月少額ずつ支払を続けていけるローンを組むことが出来ます。

家賃を払い続けるのとあまり変わらない出費で、自分のマイホームを持つことが出来ますし、形に残らず暮らしを続けていく限りはずっと永続的にお金が必要になり続けてしまう賃貸で暮らすよりも、思い切って不動産を購入するという若い世代の人も珍しくはありません。

6、マンション購入もしくは一戸建てを購入

初心者の為の不動産投資

不動産を購入する際には、マンションが良いのか戸建ての家が良いのかを考えたり、戸建ての家の場合には注文住宅にするのか建て売りの家にするのかを考えることも大切です。

現状の家族の人数だけでなく、将来的に子供を増やしたい予定やペットを飼いたい予定や両親を介護したい予定がある場合などに対応しやすいように増改築が可能な住まいを作っておいたり、部屋の広さや数にゆとりを持たせておくという人も多いです。

不動産を購入するメリットと言えば、自分で自由に住まいを都合に応じてカスタマイズしたり、リフォームできる点です。
賃貸住宅では不可能なリフォームも、気兼ねなく自分の意志のみで行えます。