不動産投資で成功をするメリットとデメリットについてその3

Posted on by

不動産投資で成功をしよう

不動産投資は、株やFXと比べるとはっきりと目に見える大きな収益につながる可能性は比較的少ないかもしれません。

しかし、手取りや利回りなどで考えると5%くらいで、長期的でかつ安定した収益を得られることが可能な投資といわれています。

不動産投資で成功すると、将来にわたって安定的な収入を得ることが可能になります。
そのため人口が減らず、増えている地域の確かな物件を選んで購入すると、不動産価格が下がってしまったり、賃料が減ってしまったりということはないと考えられているのです。

しっかりとした知識が必要

そのため、不動産投資で成功すると、安定した収入を手に入れることができるというメリットがあるのです。

不動産投資は、空室や家賃下落などのリスクに対しては、需要の安定している大都市である東京の物件を選んだり、入居者募集に強い賃貸管理会社を選ぶということでリスクをある程度減らすことができるのです。

また、不動産投資で成功すると、ノウハウができます。そのノウハウをもとにさらに不動産投資を行っていき、より規模の大きな不動産投資を行うことで、さらなる事業拡大を図ることなどもできるというメリットがあります。

リスクマネージメントが大切

マンション投資などで成功した場合、長期的に考えてみると定期預金などのリスクの少ない金融商品との違いがでます。
確かに定期預金の場合は、元本保証がなされていますのでリスクが低いのですが、不動産投資で成功すると定期預金の利率よりもより高利回りな投資となるという点がメリットなのです。

ほぼ0に等しいといえる定期預金の利率より、不動産投資で成功した方がより高額なリターンが得られるといえ、それが安定的に得られるというメリットはとても大きいといえます。

それに対して、不動産投資で成功した場合のデメリットもあります。
不動産投資で成功した場合、多くの人は不動産投資の規模の拡大を図ろうとするのではないでしょうか。

もっといい物件はないか、もっと多くの不動産投資をしたい、などどんどんと不動産投資の規模が大きくなるのではないでしょうか。

そうなると、同時に、空室リスクや家賃滞納リスクや金利上昇リスクなどをかかえるということになって、安定収入を得られるにもかかわらず、更に投資を行おうとしてより大きなリスクにつながるというデメリットがあるといえます。

このように不動産投資で成功したというメリットが、さらなる不動産投資の拡大という形でデメリットになってしまうというところもあるのです。

Category: 未分類