不動産利回り計算で気をつけることとは

Posted on by

投資の際に大事な利回り計算

安定したアパート経営を目指したい…あるいは、不動産投資を成功させるためには、正しい利回りの計算方法を知っておくということが重要であると言えるでしょう。
不動産投資用の物件をインターネットや広告などで探す際に、目が行くのがその利回りであると言えるでしょう。

利回りと行っても、いくつか種類があり、この種類には表面利回り、そして想定利回り、実質利回りなどの種類があります。これは、それぞれ、利回りを出すための、計算方法に違いがありますので、知っておく必要があります。

さらに、不動産投資をする場合には、広告など、物件情報に表示されている利回りが、どの広告に表示されている利回りはどの不動産利回り計算での計算なのか、知っておく必要があると言えるでしょう。

利回り計算を理解しよう

そこで不動産利回り計算を知っておくことによって、確実な不動産の利回りを把握することが出来、確実な収益性の高い物件を選ぶことが出来るようになります。
不動産利回り計算は、不動産投資において、最も重要であると言えるでしょう。

表面利回りは、まず、年間利益と、投資額などより算出するという単純な計算方法です。
このため、おおむねの利益しか、把握することが出来ないというデメリットがあり、表示などに使用されていることが多いですが、大幅な利益しか分からないと言えるでしょう。

もう一つが、想定利回りです。これは、空室が埋まった場合には、この程度の賃料で、これぐらいの収益が取れるだろうという想定において計算される利回りです。
これも、最高額の賃料が想定されていることが多いので、実際の利回りよりも高くなることが多いです。これも広告表示などでよく見かける利回りの計算方法となります。

実質利回りとは?

もう一つが、実質利回りです。こちらは、年間賃料から、固定資産税、修繕費、そして不動産会社に支払う管理費だったり、損害保険料などの、諸経費を差し引いた額を算出します。3つの利回りの計算方法の中でも、こちらの実質利回りが最も利回りが低くなりますのである程度信頼性があるといえるでしょう。

この3つの計算方法を見てみると、計算方法次第で利回りが高くなったり、低くなったりすることが分かります。
不動産利回り計算でこの場合、正しいのが実質利回り計算であると言えるでしょう。

広告の利回りは、満室を想定した利回りであることも多いですし、修繕費などの費用などを計算していないことも多く、空室を想定していないこともありますので、注意をすることが必要です。

Category: 未分類