利回りの良い不動産物件のあるエリアとは?

Posted on by

不動産投資を考えているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、東京都心をはじめとして、大都市の中心、市街地などは、投資物件の利回りは、一時期よりも低下していると言えるでしょう。
しかし、今はこうしたエリア以外に、実は視点を変えることで、利回りのよいエリアがいくつか存在していると言えます。そこで、不動産投資をする上で、大変利回りの良い不動産物件のあるエリアとはどこなのでしょうか。

利回りが良い物件エリアは?

まず、海外からの投資というのは、東京などの大都市が中心となっていて、投資物件の利回りは低下しているというのが現状であると言えるでしょう。
このため、不動産投資を考えている投資家は、今は一転して、地方都市に注目していると言えます。

しかし、名古屋や大阪、そして福岡なども同じように、利回りが下落しているというのが現状です。
特に福岡などは東京都同じように、価格が暴落していると言えるでしょう。

注目の不動産エリア

そこで、今注目されているのが地方都市の中でも、可能性があるエリアと考えられているのが、岡山県と三重県です。このあたりの物件は、利回りが良く、高稼働率の不動産物件があるエリアとしても注目されていると言えるでしょう。

首都圏を中心としている投資家にはあまり注目されていなかったエリアとなりますが、実は安定して利回りが出ているエリアなので、現在では、高利回りが出ているとされています。その理由として、こういったエリアは、大手メーカーが、市場を占めているという街ではなく、老舗の企業が長年地域の雇用を支えているという面があります。
このため、競合も少なく、有益なエリアであることが多いのです。

有益エリアで物件を探す

さらに、これ以外にも、国家戦略特区などは注目されているエリアであり、新潟県新潟市や兵庫県養父などは、利回りの良い不動産物件のあるエリアとしても可能性があるのではないかと指摘されています。

これらのエリアは、農業振興を目的としているエリアであり、農業の振興を進めるため、規制緩和などを行っています。このため、土地の価格も高騰しやすいと言えるでしょう。
名だたる大企業が農業と連携をして、そして発展を目指す可能性もあります。そうなると、雇用が生まれますし、そこから新しく移り住む人々なども増え、新たに住宅の需要が出来る可能性があります。また、これらのエリアは、物流の拠点となる可能性もあるエリアですので、留学生や、外国人の居住者も増える可能性があるとみられています。

Category: 未分類