戸建ての不動産を購入する魅力

Posted on by

戸建不動産購入の魅力

いつか私が実践してみたいと思い、ひそかに憧れ続けていることと言えば自分で戸建ての不動産を購入するということです。

マイホームを持つということは社会的においても大いなる価値があることなので社会的信用を増すためにも役立ちますし、長く暮らせる自分の家を持つことは将来へ向けての不安を減らすためにもおすすめです。

戸建不動産のメリット

戸建ての家は、マンションと比べて土地代が必要だったり、老朽化対策や住まいの管理を自分でこなす必要こそありますが、自由にペットを飼って暮らして庭では家庭菜園を楽しめたり、増築をしやすく敷地内を自分で自由に使えるというのが嬉しいものです。

ワンフロアだけでなく、マンションと違って2階や3階があるので家族が多い場合においてもプライベートな空間を確保しやすく、安心感があります。

毎月のコスト

不動産を購入するためには土地の価格や物件の価格のみならず、多彩な手数料や税金が発生するので予算にはゆとりを持たせておくことが大切になってきます。

ただ、最近は35年など長期的にローンを組んで住める不動産も増えてきていますし、アパートや狭いマンションで家賃を支払い続けるのとほぼ変わらない出費で、広くてより良い環境に暮らせる不動産もたくさんあります。

不動産を購入する場合は、ローンさえ払い終えれば毎月多額の支出に追われてしまうことはありません。

老後を安心して迎えることも出来ますし、高齢になってからも賃貸での住まいを続けることと比較すると、長い目で見ると家にかかる出費を抑えることも出来るのです。

投資目的で不動産購入

不動産投資による収益ですが、インカムゲイン、またキャピタルゲインの2種類があります。
しかし、日本国内では、土地の価格が都心部を中心に下落しているというのが現状ですので、今後は成長率も期待できる、成長率の高い国の、不動産に投資をした方が、成果を上げることが出来る可能性が高いと言えるでしょう。
日本では、住宅事情が減少傾向にありますが、世界には、人口が増大している国もあり、経済が安定的に成長している国も多くあるため、これから、不動産投資は海外にも目を向けることが必要であるといえるでしょう。
注目の海外不動産 
そこで、海外不動産のおすすめの国とその理由をご紹介しますが、特に、今おすすめの国がフィリピンです。
フィリピンの中でも、特に首都圏である、マニラの中心部が、不動産投資にはおすすめの国であり、エリアです。
この国は今は現状において、大変おすすめであると言えるでしょう。
不動産投資には、欧米なども人気がありますが、今最も注目されているのが、このアジア圏であり、東南アジアは、日本の12倍もの免責があることからも、今後成長が見込まれる地域であると言えるでしょう。
今や爆発的な経済成長をしている最中であり、日本の1960年代の高度成長期のような有様となっているのが特徴です。

 

おすすめの国
フィリピンがおすすめなその理由として、フィリピンの、マニラの首都では、その中心部にある、高級コンドミアムの賃貸の利回りが、アジアでも最高水準を誇っているという実績があります。この賃貸利回りは、年6.1%ということで、最高の水準です。
さらに、フィリピンのマニラでは、2000年以降に、人口の増加が続いている状態であり、年には、平均5%程度、高成長を達成しているのも現状です。
さらに、家賃は、長期的に上昇傾向にあり、貸し手に以前として優位な市場が、マニラには形成されていると言えるでしょう。
空室率も低く、マニラ首都圏の都心では、高級住宅街だけに絞っても、約5%と非常に低い数値を保っているのが現状です。
フィリピンの人口予測は、2050年には大幅に急増していくであろうと予測されており、さらには、それに伴って、生産年齢人口も増加していくとみられてます。フィリピンでは、若い世代が多く、住宅需要なども今後大きく増え続けて行くであろうと予測されているのも、不動産投資先としておすすめの理由です。人工増加によって、それだけ住宅需要はどんどん拡大していくため、国民所得も上昇し、さらには物価も上昇することが期待されます。